[PR]

 [マドリード 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのデコス・スペイン中銀総裁は18日、ECBの政策対応と併せ、欧州各国は協調して構造改革を進める必要があるという考えを示した。

 総裁はバレンシア大学主催のイベントで「ユーロ圏の潜在成長押し上げに向け、国や欧州当局が構造改革を進めることが重要だ」と指摘。足元の経済活動は低迷が続いており、成長見通しも悪化していることから、余裕のある国は財政刺激策を講じるべきと語った。

 ECBの金融政策はこれまでのところ、景気に対する下支え効果を発揮しているが、金融政策が唯一の政策手段とはなり得ないとし、デギンドス副総裁と同様の考えを表明した。

 

 

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)