写真・図版 9月23日、米フェイスブックは、脳の信号でコンピューターを操作する技術を手掛けるスタートアップのCTRLラボを買収すると発表した。写真は昨年2月に撮影(2019年 ロイター/DADO RUVIC)

[PR]

 [23日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は23日、脳の信号でコンピューターを操作する技術を手掛けるスタートアップのCTRLラボを買収すると発表した。米CNBCは事情に詳しい関係筋の情報として、買収額は約10億ドルと報じた。

 買収はフェイスブックのAR/VR(拡張現実/仮想現実)担当バイスプレジデント、アンドリュー・ボズワース氏がフェイスブックへの投稿で明らかにした。買収額には言及しなかった。

 各種メディアによると、CTRLラボは脳科学や機械学習を活用し、人が思考によってコンピューターを操作できるようにするインターフェイスの開発に取り組んでいる。

 フェイスブックはCTRLラボの技術を用い、ユーザーが感覚的にさまざまなデバイスを動かすことを可能にするリストバンドの開発を目指す。