[PR]

 [三亜市(中国)/シンガポール 24日 ロイター] - 中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>の幹部は24日、記者団とアナリストに対し、南シナ海の深海大規模ガス田「陵水17―2」の生産を2021年末までに開始する見込みだと述べた。

 中国政府はエネルギー供給増強を呼び掛けており、これに対応して国営エネルギー会社は、大気汚染の少ない天然ガスを中心に国内の石油・ガス掘削への投資を増やしている。

 陵水ガス田は水深平均1450メートル。海南省三亜市から南東150キロの沖合に位置している。CNOOCにとっては初の天然ガス深海事業で、今後の生産に大きく寄与するとみられている。

 同ガス田の年間生産は32億立方メートル、最大で33億9000万立方メートルに達する見込み。