写真・図版欧州中央銀行のクーレ専務理事は17日、フェイスブックが計画している暗号通貨「リブラ」を含む「ステーブルコイン」について、世界各国の金融規制当局は禁止する意向を持っていないと述べた。写真はイメージ。9月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[PR]

 [フランクフルト 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は17日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」を含む「ステーブルコイン(法定通貨を裏付けとしたデジタル通貨)」について、世界各国の金融規制当局は禁止する意向を持っていないと述べた。

 クーレ専務理事はブルームバーグニュースに対し、「ステーブルコインが存在してはならないと現時点では判断されていない」と述べた。

 その上で、「欧州では欧州委員会もECBもステーブルコインを全面的に禁止する意向は持っていない。ただ、ステーブルコインは最も厳しい規制を順守し、広範な公的な政策目標に合致するものである必要がある」と述べた。