[PR]

 [シンガポール 21日 ロイター] - シンガポール政府の投資機関テマセク・ホールディングス[TEM.UL]は、同国の複合企業ケッペル・コープ<KPLM.SI>の経営権を約41億シンガポールドル(30億1000万米ドル)で取得することを提案した。

 両社が21日、明らかにした。

 リフィニティブのデータによると、テマセクは3月時点ですでにケッペル株21%超を保有している。

 ケッペルによると、テマセクの子会社が、ケッペル株を1株当たり7.35シンガポールドルで取得する。直近の株価に26%近いプレミアムを上乗せした。

 ケッペルはリグ建設、不動産開発など、様々な事業を展開している。ケッペル株は21日午前に売買停止となった。