写真・図版 10月25日、ユニゾホールディングスをめぐる一連の動きが混迷を深めている。写真はニューヨーク証券取引所で2016年4月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [東京 25日 ロイター] - ユニゾホールディングス<3258.T>をめぐる一連の動きが混迷を深めている。フォートレス・インベストメント・グループによるTOBに加え、米ブラックストーンもTOBに名乗りを上げたためだ。ユニゾは現時点でいずれとも協議を継続するとしている。

 これまでの経緯は以下の通り。

 ーー7月10日、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)<9603.T>が1株3100円で株式公開買い付け(TOB)する意向を表明。ユニゾは事業上のシナジー効果が見込めないなどとしてこれに反対した。

 ーー8月16日、ソフトバンクグループ<9984.T>の連結子会社である投資ファンドのフォートレスが、H.I.S.によるTOBに対抗する「白馬の騎士」として、1株4000円でTOBを実施すると発表した。

 ーー8月後半、株価が自身の提案したTOB価格を上回って推移する中でH.I.SはTOBを断念した。

 ーーユニゾがフォートレスに対してTOB価格を5000円に引き上げることなどを打診。

 ーー9月27日、ユニゾは、フォートレスによるTOBが企業価値や株主利益の向上に役立つものかどうかあらためて慎重に検討する必要があるなどとして、このTOBに関する株主への応募推奨を撤回した。

 ーーフォートレスはTOB期間を2度延長。TOBの成立を見込んでユニゾ株を買い進めていた米ファンドのエリオット・マネジメントがこの間、ユニゾに質問状を複数回送付した。

 ーー10月15日、米ブラックストーンが、フォートレスによるTOB価格を上回る1株5000円でユニゾ株をTOBする意向を表明したが、ユニゾは態度を留保した。フォートレスはTOB期間を再度延長。

 ーーユニゾは21日、フォートレスとブラックストーンのいずれのTOBについても態度を留保し、協議を継続する方針を示した。

 ーーブラックストーン提案の1株5000円でのTOBをユニゾが受け入れれば、これまでユニゾ株を買い進めてきたエリオットなどの投資家は株式の売却益を得やすく、TOBは成立するかもしれない。

 ーー仮にブラックストーンがTOBの意向を撤回するなら、フォートレスによるTOBが成立するかに関心が移る。これまで株価はTOBへの期待で上昇してきただけに、展開次第では急落の恐れもある。H.I.S.によるTOB表明の前日終値は1990円だった。

 ーーブラックストーンは10月23日、ユニゾに対するTOBに関し、ユニゾ側の同意および合意書の期限を10月28日午後5時まで延長。

 ーーフォートレスは10月25日、TOB期間を11月11日まで延長。

 *最新の情報を加え、更新しました。