写真・図版 11月12日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米国から課せられた規制を乗り切ることに貢献した従業員に20億元(2億8600万ドル)の現金報酬を与えると明らかにした。写真は11月11日、ウクライナのキエフで撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[PR]

 [深セン(中国) 12日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は12日、米国のファーウェイ規制を乗り切ることに貢献した従業員に20億元(2億8600万ドル)の現金報酬を与えると明らかにした。

 米国は5月、ファーウェイに対して米国企業とのビジネスをほぼ禁じた。これにより、主要部品の調達を阻害された同社は米国製品の代替品を探し続けている。

 ロイターが確認した従業員向けの通知によると、ファーウェイの人事部は現金報酬について、米国の圧力に直面する中での仕事ぶりを評価するものだと指摘。同社の広報担当者はまた、19万人の従業員のほぼ全てを対象に今月の給与を倍にすると明らかにした。

 広報担当者によると、現金報酬は研究・開発チーム、およびサプライチェーンの米国脱却のために働いている従業員らに与えられる見込み。

 ファーウェイのプランの詳細については、12日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが最初に報じた。