写真・図版11月15日、ニューヨーク外為市場ではドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。写真は2018年8月、ブエノスアイレスで(2019年 ロイター/Marcos Brindicci)

[PR]

 [ニューヨーク 15日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。

 ロス米商務長官はFOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、「第1段階」の米中通商合意が最終決定される可能性は非常に高いと指摘。ただ、対中関税が発動される12月15日までにまとまるかどうかには言及しなかった。

 ドルは対ユーロ<EUR=>で0.28%安の1.105ドル、対ポンド<GBP=>で0.18%安の1.290ドルだった。一方、対円<JPY=>では0.4%上昇し、終盤は108.81円。今週は香港デモの激化や通商面の不確実性を背景にリスク選好が後退し、安全通貨が上昇していた。スイスフランも対ドル<CHF=>で0.21%安となった。

 テンパスのシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、ジュアン・ペレス氏は「米国の経済指標はほとんど伸びていないが、中国は減速しており、経済的な影響力はおそらく米国側に傾いている。中国は何があっても署名するだろう」と述べた。

 米商務省が15日発表した10月の小売売上高は回復したものの、衣料や高額の家庭用品の売り上げは減少し、米経済を支える堅調な消費に対して懸念が広がった。[nL4N27V434]

 ペレス氏は「欧州と英国の第2・四半期の経済指標は非常に気掛かりな内容だったが、第3・四半期はやや改善し、そのペースは予想以上だった。一方で米国は実質的に鈍化している。ドルはこの日、これらの指標に反応し、米経済の成長ペースがそれほど良好ではないことを示した」と語った。 

 ドル/円 NY終値 108.73/108.76 

 始値 108.64 

 高値 108.85 

 安値 108.65 

 ユーロ/ドル NY終値 1.1050/1.1054 

 始値 1.1030 

 高値 1.1057 

 安値 1.1028