[PR]

 [チューリヒ 19日 ロイター] - スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベア<BAER.S>は19日、今年の資金純流入額の伸びが目標の4─6%に届かない可能性が高いとの見通しを示した。イタリアの子会社でヘッジファンド運営会社カイロスからの資金流出が原因だとしている。

 今年1─10月の資金純流入額の伸びは3%弱にとどまった。

 ジュリアス・ベアはカイロスの2018年の業績が振るわなかったことから、戦略的な見直しの対象としていたが、今年8月、カイロスを維持することを決めた。カイロスの運用成績が改善しているとし、カイロスのイタリアにおける資産管理業務とジュリアス・ベアの同業務の連携をより緊密にする方針を示した。

 しかし、ジュリアス・ベアは19日、カイロスからの資金流出が継続していることや、過去4カ月間に幹部の退社が相次いだこと、今年のれんの減損が9000万ユーロ(1億ドル)にのぼることを明らかにした。

 9月に就任したフィリップ・リッケンバッハー最高経営責任者(CEO)は、自身の下での初の決算について、中核の市場では着実な資金流入が見られたとする一方、カイロスからの資金流出や、予想されていた一時的な逆風によって一部相殺されたと述べた。

 今年1─10月にジュリアス・ベアの運用資産総額は10%増えて4220億スイスフラン(4260億ドル)となった。

 恐らく2021年2月までの期間に最大で4億フラン相当の自社株買いを行うことも明らかにした。