[PR]

 [フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、今後の金融政策レビューで債券買い取りに関して環境面での持続性を考慮する方針を明らかにした。

 総裁は、ECBが買い取る社債のうち、炭素関連資産への傾倒が著しいと指摘した欧州議員に宛てて書簡を送付。「ECBに与えられた責務の下、金融政策および運営枠組みに関するレビューで、持続性への対応方法を考慮する機会を設ける」と述べた。