写真・図版 12月3日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、スチュワードシップ責任を踏まえ、株式レンディング(貸株)を停止すると発表した。写真は都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 3日 ロイター] - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、スチュワードシップ責任を踏まえ、株式レンディング(貸株)を停止すると発表した。現状、GPIFは国内株式での貸株は行っておらず、対象は外国株式となる。

 GPIFは株式レンディングについて、所有権が借り手に移転しGPIFの保有に実質的な空白状態が生じることになり「スチュワードシップ責任との整合性を欠くという懸念がある」と説明。また、現行の株式レンディングのスキームでは「貸し出した株式の『最終的な借り手』や『用途』が確認できず、透明性が確保されていないという課題もある」といい、経営委員会で議論した上で株式レンディングの停止を決めた。

 債券については、レンディングの停止は検討していないという。

 *貸株停止の対象が外国株式であることを明記しました。