写真・図版 6日、ホワイトハウスは、米議会に対し、来週下院司法委員会で予定されているトランプ米大統領に対する弾劾公聴会への参加を拒否すると通知した。写真はホワイトハウス。2017年12月撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[PR]

 [ワシントン 6日 ロイター] - ホワイトハウスは6日、米議会に対し、来週下院司法委員会で予定されているトランプ米大統領に対する弾劾公聴会への参加を拒否すると通知した。

 ホワイトハウスのパット・シポロン大統領法律顧問は、下院司法委のナドラー委員長宛ての書簡で、民主党の弾劾調査は「全く事実に基づいていない」とし、 民主党のペロシ下院議長は「委員会が断片的な証言を聞く前に」弾劾訴追状の作成を指示したと述べた。

 ある政府高官は「弾劾手続きは不公平で、参加する必要はない」と指摘。「参加するための公平な機会が与えられておらず、下院議長はあらかじめ決まっていた結果を発表した」と語った。

 ペロシ下院議長は5日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾手続きで、弾劾訴追状の作成を下院司法委員会に指示した。