[PR]

 [ウィーン 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるホルツマン・オーストリア中銀総裁は、2%未満だがその近辺に設定している中銀の物価目標について、引き下げが必要かもしれないが、議論の余地は大きいという考えを示した。

 物価目標は年明けから始まるECBの戦略見直しで議論される見通し。ラガルド総裁は12日の会見で年末をめどに見直しを終える考えを示した