[PR]

 [東京 20日 ロイター] - 前田建設工業<1824.T>は20日、前田道路<1883.T>が同日午前に1株あたり650円の特別配当を実施する議案を臨時株主総会で諮ることを決定したことなどを受けて、誠に遺憾だと表明した。前田道路に対して行っている株式公開買い付け(TOB)への影響については「確認中で、今後開示すべき事実を決定した場合、速やかに公表する」という。

 前田建設は1月20日、51%保有を目指して前田道路のTOBを発表した。TOB期間は1月21日から3月4日。その後、前田道路はTOBに反対を表明した。

 前田道路は20日午前に取締役会を開き、特別配当を実施する議案を臨時株主総会で諮ることを決定。総額約535億円で、株主総会は4月14日に開く。特別配当の付議決定は、前田建が公開買付けを撤回する事由に該当しており、前田建はTOBを撤回する可能性がある。