[PR]

 [ロンドン 26日 ロイター] - S&Pグローバルは26日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年のユーロ圏および英国の経済は2%縮小するとの見通しを発表。下振れリスクも高いと指摘した。

 また、ユーロ圏19カ国で現在取られている外出禁止や操業停止などの感染拡大抑制策が4カ月続いた場合、ユーロ圏経済の縮小幅は最大10%程度になるとした。