[PR]

 [6日 ロイター] - 格付け会社フィッチは6日、新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格の急落を受けて、年内にさらに複数のソブリン格付けを2段階以上引き下げる可能性が高いとの見通しを示した。

 先進国では政府債務の急増を受けて2段階以上の格下げが実施された例があるが、今年は多くの国で2段階以上の格下げが確実に実施されるとみられるという。

 各国では新型コロナ対策の一環で景気刺激策が導入されている。