写真・図版 15日、中国は、華為技術(ファーウェイ)に対する米国の措置に対抗し、米企業を「信頼できない実体の一覧表」に加える用意があると、環球時報が報じた。写真は2019年5月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[PR]

 [15日 ロイター] - 中国は、華為技術(ファーウェイ)<HWT.UL>に対する米国の措置に対抗し、米企業を「信頼できない実体の一覧表」に加える用意がある。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報が15日、関係筋の話として報じた。

 中国が導入する可能性がある措置として、アップル<AAPL.O>、シスコシステムズ<CSCO.O>、クアルコム<QCOM.O>などの米企業に対する調査開始や規制導入のほか、米航空機大手ボーイング<BA.N>からの購入停止などが挙げられるとしている。

 *最終段落を削除します