写真・図版 6月2日、米航空機大手ボーイングは、ブラジルのエンブラエルとの事業統合計画が頓挫したことに関し、エンブラエルに対する仲裁手続きに入った。写真はワシントンで1月撮影(2020年 ロイター/Lindsey Wasson)

[PR]

 [サンパウロ 1日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>は、ブラジルのエンブラエル<EMBR3.SA>との事業統合計画が頓挫したことに関し、エンブラエルに対する仲裁手続きに入った。エンブラエルが1日遅くに証券当局に提出した資料で明らかになった。

 エンブラエルは既に、同社の商用機部門買収計画をボーイングが4月に突如撤回したのは不服として、ボーイングに対する仲裁手続きを開始したと公表している。

 ボーイングはコメントの求めに応じていない。