写真・図版 6月26日、米二輪車大手ハーレーダビッドソンは25日、生産調整により、米国で140人前後の人員削減を実施すると明らかにした。写真はパリで2018年8月撮影(2020年 ロイター/PHILIPPE WOJAZER)

[PR]

 [シカゴ 25日 ロイター] - 米二輪車大手ハーレーダビッドソン<HOG.N>は25日、生産調整により、米国で140人前後の人員削減を実施すると明らかにした。

 同社関係者はロイターに、対象となるのはペンシルベニア州ヨークの生産ライン従業員90人と、ウィスコンシン州の「トマホーク」関連施設の従業員50人と述べた。

 同社の最大市場である米国での販売台数は、ベビーブーム世代の高齢化に伴い過去5年にわたり減少。さらに、新型コロナウイルス感染拡大で需要が一段と落ち込んでいる。

 同社では「通常業務の流れとして、当社は定期的に生産計画を調整するとともに、従業員数を適切に調整している」と説明している。