[PR]

 [香港 3日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングス<HSBA.L>は3日、中国本土でウェルスマネジメントなどの事業向けに新規投資を行うと表明した。

 声明によると、中国本土でフィンテック(金融技術)会社を設立するほか、生命保険の合弁会社で従業員を新たに採用し、ウェルスマネジメントのサービスを提供する。

 同行や英スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>は中国が施行した香港国家安全維持法(国安法)への支持を表明しており、一部の株主らや英米の有力議員らから批判の声が上がっている。