写真・図版 7月8日、ファミリーマートは、親会社である伊藤忠商事から公開買い付け(TOB)の提案を受けていることは事実だと発表した。写真は都内で2010年11月撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[PR]

 [東京 8日 ロイター] - ファミリーマート<8028.T>は8日、親会社である伊藤忠商事<8001.T>から公開買い付け(TOB)の提案を受けていることは事実だと発表した。同案については8日開催の取締役会に付議しており、準備ができ次第、速やかに開示するとしている。

 日本経済新聞電子版は8日、伊藤忠がファミマを完全子会社化する方針を固めたと報じた。TOBを実施し、現在50%超の保有比率を100%に引き上げるという。