写真・図版 7月8日、中国乗用車協会(CPCA)が発表した6月の乗用車販売台数は前年同月比6.5%減の168万台となった。写真は2018年7月、大連の自動車積み出し港で撮影(2020年 ロイター)

[PR]

 [北京 8日 ロイター] - 中国乗用車協会(CPCA)が8日発表した6月の乗用車販売台数は前年同月比6.5%減の168万台となった。 

 CPCAはオンライン会見で、個人の購入は予想通りで、市場の回復が続いている兆しと指摘した。高級車の販売は乗用車全体よりも好調だった。

 バッテリー式電気自動車、プラグインハイブリッド車、水素燃料電池車といった「新エネルギー車(NEV)」の販売は8万5600台となった。

 電気自動車(EV)は6万7000台で、このうちテスラ<TSLA.O>車が23%を占めた。

 CPCAの幹部は下半期のNEV販売が前年同期を大幅に上回るとの見通しを示した。