[PR]

 [上海 26日 ロイター] - 中国中央テレビ(CCTV)は26日、国内最大規模の液化天然ガス(LNG)備蓄基地が江蘇省東部で建設中だと伝えた。

 第1期工事で容量22万立方メートルの貯蔵タンクを4基建設しており、2022年の稼働時の年間受け入れ能力を300万トンとする。

 第2期では、容量27万立方メートルの貯蔵タンクを6基を建設する。長期的には備蓄基地の容量を合計2000万トンとする計画だという。