写真・図版 10月27日 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化するANAホールディングスは、航空機の削減などを柱とする事業構造改革を発表した。写真は10月23日、東京の羽田空港で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[PR]

 [東京 27日 ロイター] - 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化するANAホールディングスは27日、航空機の削減などを柱とする事業構造改革を発表した。概要は以下の通り。

 

 <コスト削減・収益強化策>

 *グループ役職員の報酬・賃金・一時金の削減や、休業・休職制度の拡充などの人件費抑制策を労働組合に提案 

 *グループ外企業への出向。12月までに約10社100人程度。来春には400人以上

 

 *ANAの旅客機28機を早期退役。当初予定と合わせて20年度の退役35機

 *追加退役するボーイング777型機22機に加え、エアバスA380、ボーイング777を1機ずつ受領延期。合計24機の大型機削減

 *20年度末のグループ全体の機材数は当初計画比33機削減、276機に

 *中距離東南アジア・豪州路線を中心に拡大が見込まれるレジャー需要獲得を担う新たな低コストエアラインを立ち上げ。国際線の需要の回復をにらみながら22年度を目途に運航を開始

 *ピーチ、ANAのマイルからピーチポイントへの交換など、ANAとのマーケッティング連携を実施

 *ピーチがANA・ANAカーゴと協業で航空貨物事業に参入

 *ANAセールスを会社分割し、旅行事業をANA Xと統合。プラットフォーム事業会社に再編

 

 <財務強化>

 *官民5銀行から劣後ローンで4000億円調達