写真・図版10月27日、英国際石油資本(メジャー)BPの第3・四半期(7─9月)決算は小幅な黒字に転換した。写真はBPのロゴ。スイスのクローテンで2017年10月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[PR]

 [ロンドン 27日 ロイター] - 英国際石油資本(メジャー)BP<BP.L>の第3・四半期(7─9月)決算は小幅な黒字に転換した。ただ、新型コロナウイルスのパンデミックからの回復ペースは依然不透明で燃料需要や精製マージンを圧迫していると説明した。

 BPによると、アジアが他の地域よりも急速に回復しており、事業環境は不安定。

 「新型コロナのパンデミックで現在受けている影響は、振れの大きい厳しい業務環境をもたらし続けている」と声明で述べた。

 第3・四半期の損益は8600万ドルの黒字。アナリストの予想は1億2000万ドルの赤字だった。第2・四半期は過去最悪となる67億ドルの赤字だった。

 原油価格は緩やかに回復しているが、燃料、特に航空燃料の需要がパンデミックの影響で低迷しており、精製マージンは極めて低い。

 精製マージンは1バレル当たり6.20ドル。第2・四半期からは若干改善したものの、前年同期の半分にも満たない。

 川下部門の実質利益は6億3600万ドルで、前年同期の約3分の1にとどまった。

 BPは、今後数カ月で人員を約1万人削減する予定。関連費用は今後数年間で14億ドル程度となる見通し。

 債務はやや減少。資産売却で第4・四半期はさらなる減少を見込む。

 9月末時点の負債比率(リースを含む)は37.7%で、前四半期から横ばい。前年同期(35.9%)を上回った。

 BPは「キャッシュフロー、純債務、負債比率を含む将来の財務パフォーマンスは現在の市場の状況がどの程度続くかなどが左右する。現在の需給不均衡がいつ解消し、コロナ禍の最終的な影響がどのようなものか予想するのは困難」と述べた。

 

 

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)