写真・図版 8月26日、中国株式市場は5営業日続落して取引を終えた。上海で撮影(2015年 ロイター/Aly Song)

[PR]

 [26日 ロイター] - 26日の中国株式市場は5営業日続落して取引を終えた。中国の追加金融緩和策を受けて、株式相場は大きく乱高下した。上海・CSI300両指数ともにボラティリティが高まるなか、上下両方向に3%超振れる大荒れの展開となった。

 小幅反発で寄り付いたが序盤で大幅に下落、その後は中盤で急反発したが、引けにかけて大量の売りを招いた。投資家の信頼感が非常にもろく、中国人民銀行(中央銀行)が前日夜発表した主要政策金利と預金準備率の引き下げが本当に経済を安定させるかどうか疑問視する見方が強いことを裏付けた。

 上海総合指数<.SSEC>の終値は37.6794ポイント(1.27%)安の2927.2880。

 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>の終値は17.235ポイント(0.57%)安の3025.692。

 両指数ともに8カ月ぶり安値をつけ、わずか5日間で20%超も下落した。

 この日は出来高が回復したものの、これまでの平均を大幅に上回ることはなかった。

 一部の優良株は安値拾いの買いで上昇したが、小型株は下落。トレーダーの間では、信用取引の追い証や投資信託の償還によりボラティリティが高まっているとの見方もある。

 25日まで2日連続で10%急落しストップ安となっていた株価指数先物<CIFc1>は、下げ幅を縮小した。中国金融先物取引所は、投機抑制のため株価指数先物の取引を制限する方針を示した。

 中国人民銀行(中央銀行)は25日夜、主要政策金利と銀行の預金準備率を引き下げると発表。流動性上昇による恩恵が大きいとの見方から、銀行株<.CSI300BI>と不動産株<.CSI300REI>が上昇した。

 比亜迪汽車(BYD)<002594.SZ>、東風汽車<600006.SS>、重慶長安汽車<000625.SZ>を含む大手自動車メーカーも急伸。自動車ローンなどへの支援策が販売を押し上げると期待されている。

 半面、小型株は引き続き売り圧力にさらされており、チャイネクスト指数<.CHINEXTC>は4.3%安。小型株500銘柄で構成されるCSI500指数<.CSI500>は3.8%下落した。

 南海基金管理のDavid Dai氏は「このところの相場急落で追い証が発生し、一部の投資家は株価を無視した売りを迫られている」と述べた。

 またアナリストらは、チャイネクストや一部指数の下落について、仕組み投信の大規模な償還をめぐる懸念があるとの考えを示した。

 香港株式市場は反落して取引を終えた。中国の利下げをめぐる興奮が冷め、後場から本土市場株が再び売り込まれたことで地合いが悪化、前場までの上昇分を失い下落に転じて引けた。

 ハンセン指数<.HSI>の終値は324.57ポイント(1.52%)安の2万1080.39。

 ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>は86.11ポイント(0.91%)安の9427.93。

 エネルギー関連株<.HSCIE>と公益事業株<.HSCIU>の上昇分も、通信株<.HSCIT>とサービス関連株<.HSCIS>の急落により相殺された。

 香港上場の銀行株<.HSCIF>は下落。中国の主要政策金利と預金準備率の引き下げから恩恵を得られる可能性にも投資家は反応薄だった。

 上海総合指数<.SSEC>      前営業日比 売買代金概算

 大引け     2927.2880 37.6794安 4607.6億元(上海A株)

 高値      3092.0406

 安値      2850.7135

 前場終値    2988.7602 23.7928高 2455.9億元(上海A株)

 寄り付き    2980.7941 15.8267高   

 前営業日終値  2964.9674 244.9376安 3576.0億元(上海A株)

 ハンセン指数<.HSI>

 大引け     21080.39 324.57安 1088.9億香港ドル

 高値      21686.45

 安値      21060.09

 前場終値    21443.80 38.84高 561.1億香港ドル

 寄り付き    21434.25 29.29高   

 前営業日終値  21404.96 153.39高 1345.0億香港ドル

 *内容を追加します。