写真・図版 2月12日、日銀の黒田東彦総裁は午前の衆院財務金融委員会に出席し、急激な円高、株安、金利低下が進む国際金融市場について「日銀のマイナス金利が影響しているとは考えない」と明言し、「投資家のリスク回避姿勢が過度に広まっている」と指摘した。写真は都内で昨年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 12日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は12日午前の衆院財務金融委員会に出席し、急激な円高、株安、金利低下が進む国際金融市場について「日銀のマイナス金利が影響しているとは考えない」と明言し、「投資家のリスク回避姿勢が過度に広まっている」と指摘した。

 民主党の鈴木克昌委員への答弁。

 黒田総裁は、マイナス金利政策は国債の利回り曲線(イールドカーブ)を押し下げる効果を発揮しており、「今後は効果が実体経済に着実に波及する」とし、「当然2%の物価目標の早期実現に資する」と強調した。

 その上で「直接国民生活にマイナスになるとは考えられない」との見解を示し、「マイナス金利の趣旨や影響、効果について十分説明していきたい」と述べた。

 昨年秋に日銀が公表した金融システムリポートは急激な円高・株安を想定したシミュレーションを掲載している点について、「国内金融システムが十分な資本を持つことを示すもの」と説明した。

 *写真を差し替えます。

 

 

 (竹本能文 編集:吉瀬邦彦)