写真・図版 3月28日、米大統領選で民主党の候補指名獲得を目指すサンダース上院議員(写真)らが名を連ねる議員団は、国立衛生研究所と厚生省に対し、アステラス製薬の前立腺がん治療薬などのコスト削減に乗り出すよう求めている。24日撮影(2016年 ロイター/Michael Lopez)

[PR]

 [28日 ロイター] - 米大統領選で民主党の候補指名獲得を目指すバーニー・サンダース上院議員らが名を連ねる議員団は、国立衛生研究所(NIH)と厚生省に対し、米メディベーション<MDVN.O>とアステラス製薬<4503.T>の前立腺がん治療薬「XTANDI(エンザルタミド)」についてコスト削減に乗り出すよう求めている。

 サンダース氏のほか、ロイド・ドゲット下院議員(民主、テキサス州)、ピーター・ウェルチ下院議員(民主、バーモント州)らが署名した書簡によると、議員団はNIHに対し、同薬を低価格で手に入れられるようにするため、特許の無効を検討する公聴会を開催するよう求めた。

 書簡によると、米国における同薬の卸売価格は平均で12万9000ドル超となっているものの、日本とスウェーデンでは3万9000ドル、カナダでは3万ドルで販売されている。

 議員団は「米国民が医薬品開発に至った研究に資金を提供しており、手頃な価格で入手できるようにすべき」とした。

 メディベーションからは今のところコメントを得られていない。

 NIHと厚生省からも今のところコメントを得られていない。

 アステラスの広報担当者は、民間保険でカバーされている人のうち、81%は2015年の毎月の医薬品自己負担が25ドル以下で、メディケア(高齢者向け公的医療保険)でカバーされている人については、79%の人の自己負担はゼロだった、と指摘。その上で、保険に未加入、もしくは十分に入っていない人で、家計の年間調整後収入が10万ドル以下の場合については、エンザルタミドを無償で提供すると述べた。

 さらに、2015年にエンザルタミドで治療を受けた2万人のうち、2000人以上は無償で同薬を投与された、と明らかにした。

 *内容を追加します。