写真・図版 8月8日、フィッチ・レーティングは、中国は2030年まで毎年8億平方メートル規模の住宅地を整備する必要があるとの見通しを示した。シンガポールの国土に相当する広さが毎年必要となる計算。写真は北京で3月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[PR]

 [北京 8日 ロイター] - フィッチ・レーティングは、中国は2030年まで毎年8億平方メートル規模の住宅地を整備する必要があるとの見通しを示した。シンガポールの国土に相当する広さが毎年必要となる計算。

 フィッチはリポートで、新規需要の3分の1強は1990年以前に建築した住宅の建て替えと試算。婚姻による新居購入需要は2013年のピーク以降、減少すると見込んでいる。