写真・図版 3月12日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省文書の書き換えに関連し、麻生太郎財務相の進退が取り沙汰されていることについて、財務相には徹底した調査を踏まえた全容解明の指揮を執ってもらうとの考えを示した。写真は都内で2015年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日午前の会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省文書の書き換えに関連し、麻生太郎財務相の進退が取り沙汰されていることについて、財務相には徹底した調査を踏まえた全容解明の指揮を執ってもらうとの考えを示した。

 官房長官はこの問題について「国会の議論の中でも大きな問題となっている。政府としてもそれを重く受けて止めて真剣に対応すべきと考えている」との認識を示した。

 その上で「財務省において厳正に調査を行い、現時点でわかるものは全てはっきりさせるべく最大限の努力をする」とし、政府としてもそれが大事だとの認識を示した。

 一方、北朝鮮との南北会談に出席した韓国特使と河野太郎外相との会談が12日夕方に予定されている。菅官房長官は、南北会談の内容や北朝鮮情勢について意見交換を行う予定されているとした上で、河野外相以外との面談予定については現在最終調整中だとした。

 また拉致問題に関連して、先だっての日米首脳電話会談でも安倍晋三首相がトランプ大統領に協力を要請したが、官房長官は「米朝首脳会談で拉致問題を採り上げてもらうよう、トランプ大統領と緊密に連携していきたい」との方針を示した。

 

 

 (中川泉 編集:田中志保)