写真・図版 9月10日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円41銭安の2万2253円65銭となり、続落で始まった。写真は都内の株価ボード前で2015年9月に撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[PR]

 [東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円41銭安の2万2253円65銭となり、続落で始まった。トランプ米大統領が7日、中国に新たな関税を課す可能性に言及したことで、米通商政策への懸念が継続ている。一方、為替の落ち着きは支え。日経平均は直近6営業日続落した反動で買い戻しも入り、寄り後は一時小幅プラスに転じている。繊維、食料品、鉄鋼が安い。半面、パルプ・紙、医薬品はしっかり。