写真・図版 9月9日、イタリアのトリア経済・財務相(写真)は、新政権が節度ある財政措置を行いつつ景気押し上げに向けた政策を実行し始めれば、同国の国債利回りは低下すると述べた。写真はローマで6月撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

[PR]

 [チェルノッビオ(イタリア) 9日 ロイター] - イタリアのトリア経済・財務相は9日、新政権が節度ある財政措置を行いつつ景気押し上げに向けた政策を実行し始めれば、同国の国債利回りは低下すると述べた。

 同相は経済界の会合で講演し、連立政権の大胆な支出計画の一部は段階的にしか導入されないとも述べ、欧州連合(EU)が定める財政規律は尊重されると保証した。

 「政府が約束を実行に移せば(債券利回り)スプレッドは、より通常の水準に戻っていく」と述べた。

 夏場には新政権の歳出計画への懸念からイタリア国債が大きく売られたが、先週には副首相2人がEUの財政規律を尊重する姿勢を示したことを受けて大きく低下した。

 イタリア政府は最低所得保証制度の導入、従来の年金改革の緩和、2019年予算での減税などの方針を示しているが、トリア財務相は「われわれはこれらの措置を段階的に実施していく。財源をこれらの措置にシフトしていくために、国家のバランスシートを精査している」と語った。