[PR]

 [ニューヨーク 10日 ロイター] - 米ニューヨーク(NY)連銀の8月の消費者調査によると、1年先のインフレ期待が2015年6月以来初めて3%に達したほか、3年先のインフレ期待も3%と、前月の2.88%から上昇した。

 1年先インフレ期待は前月まで4カ月連続で2.98%だった。3年先インフレ期待は前月は2月以来の低水準を付けていた。

 NY連銀は調査を外部機関に委託。調査は約1300人の世帯主を対象に実施された。