写真・図版 9月11日、米国株式市場は上昇。アップルが買われ、ハイテク株全体の上昇を主導した。NY証券取引所で5月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国株式市場は上昇。アップル<AAPL.O>が買われ、ハイテク株全体の上昇を主導した。エネルギー株も高い。原油相場が2%超上昇したことに追随した。

 アップルは2.5%高。12日に開催するイベントで「iPhone(アイフォーン)」の新機種を発表するとみられている。

 マイクロソフト<MSFT.O>が1.7%、フェイスブック<FB.O>が1.1%、それぞれ上昇したことも、ハイテク株<.SPLRCT>を押し上げた。

 原油高でエネルギー株<.SPNY>も買われ、エクソンモービル<XOM.N>は1.4%高、シェブロン<CVX.N>は0.5%高となった。

 「カテゴリー4」のハリケーン「フローレンス」は14日に米南東部に上陸すると予想され、ハリケーンの通過後に販売が伸びる可能性が見込まれる銘柄に買いが入った。ホーム・デポ<HD.N>は1.5%高、ロウズ<LOW.N>は1.6%高。建設資材関連株も好調だった。

 一方、ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は3.6%安。RBCが投資判断を引き下げ、NAND型フラッシュメモリーの軟調な需要が引き続き業績に影響すると指摘した。

 アクティビジョン・ブリザード<ATVI.O>は7.1%、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア<TTWO.O>は3.7%、それぞれ上昇。ホリデーシーズンの両社のゲーム販売についてスタイフェルが明るい見通しを示した。

 ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.06対1の比率で上回った。ナスダックでは1.15対1で値下がり銘柄数が多かった。

 米取引所の合算出来高は63億株。直近20営業日の平均は61億株。

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 

 ダウ工業株30種 25971.06 +113.99 +0.44 25841.14 26019.92 25754.32 <.DJI> 

 前営業日終値 25857.07 

 ナスダック総合 7972.47 +48.31 +0.61 7894.87 7986.32 7880.93 <.IXIC> 

 前営業日終値 7924.16 

 S&P総合500種 2887.89 +10.76 +0.37 2871.57 2892.52 2866.78 <.SPX> 

 前営業日終値 2877.13 

 ダウ輸送株20種 11534.57 -19.51 -0.17 <.DJT> 

 ダウ公共株15種 735.63 -1.90 -0.26 <.DJU> 

 フィラデルフィア半導体 1361.89 -13.85 -1.01 <.SOX> 

 VIX指数 13.26 -0.90 -6.36 <.VIX> 

 S&P一般消費財 928.69 +7.57 +0.82 <.SPLRCD> 

 S&P素材 370.53 +0.70 +0.19 <.SPLRCM> 

 S&P工業 652.77 -0.42 -0.06 <.SPLRCI> 

 S&P主要消費財 556.73 -2.16 -0.39 <.SPLRCS> 

 S&P金融 468.80 +0.54 +0.11 <.SPSY> 

 S&P不動産 206.86 -0.15 -0.07 <.SPLRCREC> 

 S&Pエネルギー 540.06 +5.23 +0.98 <.SPNY> 

 S&Pヘルスケア 1064.47 -0.26 -0.02 <.SPXHC> 

 S&P電気通信サービス 156.53 +1.68 +1.08 <.SPLRCL> 

 S&P情報技術 1303.24 +10.83 +0.84 <.SPLRCT> 

 S&P公益事業 273.01 -0.95 -0.35 <.SPLRCU> 

 NYSE出来高 7.02億株 <.AD.N> 

 シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22715 + 65 大阪比 <0#NK:> 

 シカゴ日経先物9月限 円建て 22715 + 65 大阪比 <0#NIY:> 

 

 (ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)