写真・図版 10月12日、中国税関総署が12日発表した1─9月の貿易統計は、人民元建て輸出が前年同期比6.5%増加、人民元建て輸入が前年比14.1%増加した。写真は9月江蘇省の港で撮影(2018年 ロイター)

[PR]

 [北京 12日 ロイター] - 中国税関総署が12日発表した1─9月の貿易統計は、人民元建て輸出が前年同期比6.5%増加、人民元建て輸入が前年比14.1%増加した。

 同期間の貿易収支は1兆4400億元(2087億2000万ドル)の黒字となった。

 米国による数度にわたる関税発動を踏まえると、中国の輸出はこれまでのところ予想外の底堅さを示している。企業が関税の発効前に出荷を急いだことが背景にあるとみられるが、ここ数カ月は輸出受注の減少が報告されている。