写真・図版 10月15日、菅義偉官房長官(写真)は臨時閣議後に会見し、安倍晋三首相から、来年10月1日に消費税率を現行の8%から10%に引き上げる予定、との発言があったことを明らかにした。写真は都内で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 15日 ロイター] - 菅義偉官房長官は15日の臨時閣議後に会見し、安倍晋三首相から、来年10月1日に消費税率を現行の8%から10%に引き上げる予定、との発言があったことを明らかにした。

 この時期に消費税率引き上げを表明したのは、年末にかけて、増税対策の具体的な議論を進めるためだと菅官房長官は説明し「総理の発言を踏まえ、思い切った駆け込み・反動減対策を講じたい」とした。

 前回の消費税率引き上げ時に反動減が長く続いたことなどを踏まえ「あらゆる施策を総動員して経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する。来年度、再来年度予算で、臨時・特別の措置を講じ、経済的影響を確実に平準化できる規模の予算を編成する」と述べた。

 また、引き上げを取り止めるかどうかの判断については「リーマン・ショックのようなものがない限りは引き上げる」と、従来のスタンスを繰り返した。

 

 (清水律子)