[PR]

 [ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は、マルタのピラトゥス銀行をマネーロンダリング(資金洗浄)を行ったとして銀行免許を取り消した。マルタの金融規制当局が5日、明らかにした。

 ピラトゥス銀行を巡っては、アゼルバイジャンとマルタの高官への賄賂資金を取り扱ったと女性ジャーナリストが指摘。このジャーナリストは1年前、爆死した。

 マルタの金融サービス当局は声明で「ECB理事会は、本日付けでピラトゥス銀行の銀行免許を取り消すことを決定した」と述べた。

 ピラトゥス銀行とECBのコメントは現時点で得られていない。