[PR]

 [ワシントン 11日 ロイター] - 米銀行規制当局は11日、政府機関一部閉鎖の影響を受けた資金の借り手に良識的な対応をするよう、金融機関に促した。

 連邦預金保険公社(FDIC)、通貨監督庁(OCC)、消費者金融保護局(CFPB)などが声明を出した。

 連邦準備理事会(FRB)は「各当局は金融機関に対し、影響を受けた借り手を支援するため、既存融資条件を修正したり、新たな信用を供与したりする賢明な方策検討を呼び掛ける」とした。

 「個人への連邦政府機関閉鎖の影響は一時的とみられるが、影響を受ける借り手は住宅ローンや教育ローン、自動車ローン、事業融資、クレジットカードの返済時に一時的な困難に直面する恐れがある」とも指摘した。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)