写真・図版 1月21日、菅義偉官房長官(写真)は午前の記者会見で、フランスのルメール経済相が日産自動車とルノーの経営統合を日本政府に提案したとの報道について、アライアンスのあり方は関係者が十分納得する形で議論が進むことが大事だ、と述べた。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 21日 ロイター] - 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、フランスのルメール経済相が日産自動車<7201.T>とルノー<RENA.PA>の経営統合を日本政府に提案したとの報道について、アライアンスのあり方は関係者が十分納得する形で議論が進むことが大事だ、と述べた。フランス政府との外交交渉の内容については、明らかにすることは控えると述べた。

 トランプ大統領が2回目の米朝首脳会談を行うことを明らかにしたことに関して、「首脳会談に向けて、(米国と)じっくり政策を詰めていきたい」との意向を示した。日本政府としては朝鮮半島の完全非核化という昨年の米朝首脳会談での合意の完全履行を期待しており、米国とはあらゆる機会を通じて緊密に連携していると強調した。

 

 

 (中川泉 編集:  )