[PR]

 [東京 21日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した12月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比1.2%増の8741億円と、2カ月連続のプラスとなった。

 12月は、クリスマスなど年末関連の季節商品が好調だった。引き続きカウンター調理の食品や調理麺、おにぎり、惣菜や冷凍食品なども売れ行きがよかった。