写真・図版3月5日、独高級自動車メーカーBMWは、英国が合意なしで欧州連合(EU)を離脱した場合、エンジンと小型車ブランド「ミニ」の一部生産を英国外に移転する可能性があると明らかにした。英カウリーの工場で生産されるミニ。2016年6月代表撮影(2019年 ロイター)

[PR]

 [ジュネーブ 5日 ロイター] - 独高級自動車メーカーBMW<BMWG.DE>は5日、英国が合意なしで欧州連合(EU)を離脱した場合、エンジンと小型車ブランド「ミニ」の一部生産を英国外に移転する可能性があると明らかにした。

 合意なきブレグジット(英のEU離脱)が現実化すれば、英国で生産されたエンジンはEU製部品とみなされなくなり、一部車種は多くの国際貿易協定で求められる原産地調達比率の基準を満たせない恐れが出てくる。

 こうした中でBMW取締役でミニを担当するピーター・シュワルツェンバウアー氏はロイターに、エンジン生産に関してはオーストリアのシュタイアにある別の工場に対応余地があると指摘。「われわれはそれができるように準備を進めている」と語った。

 BMWは昨年、イングランド中部のハムスホール工場で37万5000基のエンジンを生産した。シュワルツェンバウアー氏は、実際にこの一部の生産をオーストリアに切り替えるかどうか、まだ最終的には決めていないと付け加えた。

 また同氏はスカイニュースから、合意なき離脱があればミニの生産をイングランド南部オックスフォードの工場から英国外に移すのかと聞かれると「少なくとも検討はしなければならない」と語った。