写真・図版 4月17日、米国の電気自動車(EV)需要はなお低調だが、ニューヨーク自動車ショーで業界幹部らは、忍耐が必要と主張しながら多額のEV向け投資を推し進める姿勢を示した。同ショーで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国の電気自動車(EV)需要はなお低調だが、17日に開幕したニューヨーク自動車ショーで業界幹部らは、忍耐が必要と主張しながら多額のEV向け投資を推し進める姿勢を示した。

 自動車メーカー各社は、世界的な規制強化を理由にEV車の開発に力を入れている。

 米国の昨年の自動車販売台数に占めるEVないしプラグインハイブリッドの割合は約2%にとどまった。このうち3分の1以上を米EV大手テスラ<TSLA.O>のモデルが占めた。国際エネルギー機関(IEA)によると、米国は販売台数に占めるEVの割合で世界7位。

 自動車販売ウェブサイトのオートトレーダーのアナリスト、ミシェル・クレブス氏は、EV販売台数は充電設備、価格、バッテリー性能が改善されるまで比較的控えめな水準で推移するとみている。

 ニューヨークで業界幹部は、EV販売の障壁として、持続する原油安、不十分な消費者知識、残存価額の低下、高い初期費用と充電施設に対する消費者の不安を挙げた。

 こうした状況にもかかわららず、各社は従来のプラグインモデルよりスポーティーで、創造性あふれるEVを披露している。

 韓国現代自動車<005380.KS>は1回の充電での航続距離が推定200マイルで急速充電が可能なコンセプト車「ミント」を、系列の起亜自動車もバタフライドアが特徴のクロスオーバーEVのコンセプト車をそれぞれ発表した。

 ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は高級ブランド「メルセデス・ベンツ」の電動SUV(スポーツ用多目的車)「EQCエディション1886」を公開。販売は来年を予定している。

 一方、英ジャガー・ランドローバー<TAMO.NS>は昨年後半、EV「ジャガーI?PACE」の米国での販売を開始。現在、月間販売台数は200台程度にとどまっているという。同モデルはニューヨーク自動車ショーで「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 また独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>と傘下のアウディは今後2年で新型EV6種程度を投入する計画で、2025年までに販売台数全体の20─30%をEVで占めるとの意欲的な目標を掲げている。