[PR]

 [東京 22日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した3月の全国コンビニエンスストア売上高は既存店ベースで前年同月比0.03%増の8503億円と、5カ月連続でプラスとなった。

 3月は、全国的に寒暖差が大きく麺類など温かい食品の売り上げが好調だった。また、カウンター調理の食品やおにぎり・惣菜・冷凍食品などの中食のほか、デザートやたばこの売り上げも良かった。