写真・図版 4月26日、経済産業省が発表した3月鉱工業生産指数速報は前月比0.9%低下となった。ロイターの事前予測調査では前月比0.1%低下と予想されており、予想以上の低下となった。写真は川崎市で2015年8月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[PR]

 [東京 26日 ロイター] - 経済産業省が26日発表した3月鉱工業生産指数速報は前月比0.9%低下となった。ロイターの事前予測調査では前月比0.1%低下と予想されており、予想以上の低下となった。四半期ベースでは1─3月で前四半期比2.6%減となり、消費税率引き上げ後の2014年4─6月期(同2.9%減)以来の大幅低下となった。

 3月は自動車や半導体・液晶製造装置などの減少が響き、鉱工業生産指数は101.9で、2018年1月の101.4以来の水準となった。経産省では3月上旬時点で一時的な要因で減産していた鉄鋼や化学の生産回復などを前提に前月比0.4%増との予測を試算していたが、大きく外れた格好だ。

 <上昇基調より弱さ、先行き不透明=経産省>

 経産省は生産の判断を「このところ弱含み」に修正。経産省幹部は「上昇基調より弱さがみられる」とし、「『低下』とまでは言えないが、先行き不透明で不確定要素が多い」と述べた。

 企業の生産計画を元に集計する生産予測指数は4月が前月比2.7%上昇、5月が同3.6%の上昇となった。もっとも同指数は実績よりも大きめになる傾向があり、これを補正した試算値では4月も同0.5%減とマイナスが続くとみている。

 *内容を追加しました。

 

 (竹本能文)