[PR]

 [フィラデルフィア 17日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は17日、連邦準備理事会(FRB)が政策の枠組み見直しの一環で、現行の政策が引き続き、雇用情勢に最適な方策であることを確実にすることを望んでいると述べた。

 ハーカー総裁は、FRBが「適切な目標を整え、正しい情報を見極め、現在の政策ツールがなお雇用にとって最適」であることを確実にしたいと語った。