[PR]

 [ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場ではハイテク株の多いナスダック総合指数が下落。ブロードコムなど半導体株が売り込まれた。ダウ平均株価やS&P総合500種指数は小幅安。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。

 利下げ期待を背景にS&P500指数は今月に入り約5%値上がり。週間では2週連続で上昇した。

 パフォーマンス・トラスト・キャピタルパートナーズ(シカゴ)のトレーディング部ディレクター、ブライアン・バトル氏は「連邦準備理事会(FRB)から何らかの手掛かりを得られるまで身動きが取れない状況だ。市場は今月ではないにせよ近々利下げがあると期待している」と述べた。

 経済指標では、5月の小売売上高が前月比0.5%増加したほか、4月の数字は当初発表の0.2%減から0.3%増へ上方改定された。また5月の鉱工業生産指数は製造業部門が0.2%上昇し、今年に入り初めてのプラスとなった。

 個別銘柄では、半導体大手ブロードコム<AVGO.O>が5.6%安。半導体需要が幅広く減速すると警告した。これを受け半導体株が全般的に売られ、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>は2.6%下落。ブロードコムが部品供給するアップル<AAPL.O>は0.7%安。

 新規株式公開(IPO)関連では、ペット用品販売大手ペットスマート傘下でネット通販を手掛けるチューイー<CHWY.N>がニューヨーク証券取引所に上場。初値は36ドルで新規株式公開(IPO)価格を63.6%上回った。終値は59%高の34.99ドル。

 ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.53対1の比率で上回った。ナスダックでは1.79対1で値下がり銘柄数が多かった。

 米取引所の合算出来高は58億5000万株。直近20営業日の平均は68億3000万株。

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 

 ダウ工業株30種 26089.61 -17.16 -0.07 26076.3 26162.2 25988.0 <.DJI> 

 6 8 9 

 前営業日終値 26106.77 

 ナスダック総合 7796.66 -40.47 -0.52 7807.19 7819.21 7778.13 <.IXIC> 

 前営業日終値 7837.13 

 S&P総合500種 2886.98 -4.66 -0.16 2886.82 2894.45 2879.62 <.SPX> 

 前営業日終値 2891.64 

 ダウ輸送株20種 10305.30 -42.06 -0.41 <.DJT> 

 ダウ公共株15種 815.55 +7.97 +0.99 <.DJU> 

 フィラデルフィア半導体 1356.55 -36.39 -2.61 <.SOX> 

 VIX指数 15.28 -0.54 -3.41 <.VIX> 

 S&P一般消費財 935.89 +2.26 +0.24 <.SPLRCD> 

 S&P素材 360.98 -1.70 -0.47 <.SPLRCM> 

 S&P工業 632.91 -2.48 -0.39 <.SPLRCI> 

 S&P主要消費財 602.85 +0.20 +0.03 <.SPLRCS> 

 S&P金融 450.55 +1.16 +0.26 <.SPSY> 

 S&P不動産 232.25 +0.76 +0.33 <.SPLRCR> 

 S&Pエネルギー 447.48 -3.33 -0.74 <.SPNY> 

 S&Pヘルスケア 1052.28 -3.07 -0.29 <.SPXHC> 

 S&P通信サービス 161.19 +0.62 +0.39 <.SPLRCL> 

 S&P情報技術 1331.07 -11.12 -0.83 <.SPLRCT> 

 S&P公益事業 306.01 +3.01 +0.99 <.SPLRCU> 

 NYSE出来高 7.64億株 <.AD.N> 

 シカゴ日経先物9月限 ドル建て 21015 - 15 大阪比 <0#NK:> 

 シカゴ日経先物9月限 円建て 20980 - 50 大阪比 <0#NIY:>