写真・図版 7月16日、米電気自動車大手テスラは、量産型セダン「モデル3」(写真)を値下げし、高級車の「モデルX」「モデルS」を値上げした。ウェブサイトで、明らかにした。写真は上海で2月撮影(2019年 ロイター/Stringer)

[PR]

 [北京 16日 ロイター] - 米電気自動車大手テスラ<TSLA.O>は、量産型セダン「モデル3」を値下げし、高級車の「モデルX」「モデルS」を値上げした。ウェブサイトで16日、明らかにした。

 モデル3の価格は3万0315ドルからとなる。これまでは3万2225ドルからとなっていた。

 モデルXは7万5315ドルから。これまでは7万1325ドルからだった。モデルSは7万0115ドルから。これまでは6万5125ドルからだった。

 販売奨励金とガソリン節約額(9875ドル)を含む価格という。

 同社が今月発表したこの3モデルの第2・四半期の納車台数は、前四半期比51%増の9万5200台と記録的な高水準だった。うち全体の80%前後をモデル3が占めており、同社の成長戦略上モデル3が重要な存在になっていることが浮き彫りとなった。[nL4N243423]第3・四半期の生産と納車も引き続き拡大するとの見通しを示している。

 16日には中国での販売価格も変更。モデル3は35万5900元(5万1780ドル)からとなった。これまでは42万1000元からだった。モデルXは79万0900元から、モデルSは77万6900元から。

 テスラは上海に工場を建設中。同社は5月、同工場で生産するモデル3の価格を32万8000元からとする方針を示している。