写真・図版 7月18日、財務省が発表した6月貿易収支は5895億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。写真は東京の港湾で2017年3月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[PR]

 [東京 18日 ロイター] - 財務省が18日発表した6月貿易収支は5895億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。ただ、黒字額は前年比で19.0%減と縮小した。ロイターの予測中央値は4200億円の黒字だった。船舶や中国向け自動車部品などの輸出が減少する一方、非鉄金属や液化天然ガスなどの輸入も減少した。

 中国向け輸出は前年比10.1%減となり、4カ月連続で減少した。19年1―6月期(上半期)の対中輸出は前年同期比8.2%減となり、5期ぶりに減少した。

 米中貿易摩擦の影響について、財務省幹部は「グローバルなサプライチェーンが複雑に絡み合っており、日本経済、世界経済に与える影響を一概に言うのは困難」とした。

 6月の輸出は前年比6.7%減の6兆5845億円で、7カ月連続で前年同月を下回った。バハマ向けのタンカー、中国向けの自動車部分品や鋼管などが減少した。

 アジア向け輸出は前年比8.2%減の3兆5636億円となった。中国向けは半導体等製造装置や自動車部品、半導体等電子部品が減少した。

 米国向け輸出は1兆3555億円と、前年より4.8%増えた。増加は9カ月連続。半導体等製造装置や排気量1500ccから2000ccクラスの自動車輸出の伸びが主因。

 一方、同月の輸入は前年比5.2%減の5兆9950億円と、2カ月連続で減少した。オーストラリアからの非鉄金属やUAEからの液化天然ガスが減少した。

 19年上期の貿易収支は8888億円の赤字となった。赤字は2期連続。上期としては、15年上期以来の赤字となる。

 輸出は前年同期比4.7%減の38兆2404億円と5期ぶりに減少した。半導体製造装置や鉄鋼などが減少した。輸入は1.1%減の39兆1292億円で、5期ぶりに減少した。

 対米貿易収支は3兆4590億円(前年同期比9.8%増)の黒字で3期ぶりに増加。一方、対中国は2兆0493億円の赤字で、赤字は61期連続。欧州連合(EU)も2391億円の赤字で4期連続の赤字だった。

 *内容を追加します。 

 

 (清水律子 グラフ作成:田中志保 編集:青山敦子)