写真・図版 7月18日、日銀が公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」の7月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がマイナス2となり、2013年7月調査以来、6年ぶりのマイナスに落ち込んだ。写真は日銀本店前で2017年9月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 18日 ロイター] - 日銀が18日公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の7月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がマイナス2となり、2013年7月調査(マイナス2)以来、6年ぶりのマイナスに落ち込んだ。個人向けもマイナス1と1年ぶりのマイナスとなった。

 企業向けの悪化は2四半期連続。前回の4月調査はプラス3だった。規模別にみると、大企業向けがマイナス5と2011年1月調査(マイナス5)以来の大きなマイナス幅となった。中小企業向けはマイナス1と前回のプラス5から悪化。こちらも6年ぶりのマイナスに転換した。中堅企業向けはマイナス4で横ばいだった。

 個人向けは、住宅ローンがマイナス1に悪化する一方、消費者ローンはプラス5に改善した。

 

 (伊藤純夫)