写真・図版 7月18日、韓国銀行(中央銀行)は、市場の据え置き予想に反して政策金利を1.75%から1.50%に25ベーシスポイント(bp)引き下げた。写真は会見する李柱烈同行総裁。2017年11月にソウルで撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[PR]

 [ソウル 18日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は18日、市場の据え置き予想に反して政策金利を1.75%から1.50%に25ベーシスポイント(bp)引き下げた。利下げは2016年6月以来、3年ぶり。

 ロイターが実施した調査では、今月は据え置き、来月の利下げが予想されていた。

 輸出規制を巡る日本との対立が深まる中、今年の成長率見通しも過去10年で最低の水準に引き下げた。

 中銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は記者会見で、いかなる経済状況の変化にも対応する余地があると発言。追加の政策緩和を示唆したものと受け止められている。

 JPモルガンのエコノミスト、Park Seok-gil氏は「総裁は市場が年内の追加利下げを織り込んでいることを否定せず、政策余地はまだあると述べるなど、近いうちの追加利下げが可能ということを示唆した」と述べた。

 国内市場では、国債先物が追加利下げ見通しで上昇する一方、株価と為替は反応薄。

 中銀はまた、3カ月前に2.6%から2.5%に引き下げた今年の経済成長率見通しをさらに引き下げ2.2%とした。インフレ率見通しも1.1%から0.7%に引き下げた。中銀のインフレ目標は2%。

 総裁は「成長率・インフレ率ともトレンドが当初予想を下回っており、景気回復を支えるため金利を引き下げることを決定した」と述べた。

 日本による半導体材料の韓国向け輸出規制強化については「韓国経済に大きな影響をもたらす見込みで、経済見通しはこれを反映している」と説明した。

 また、金融政策は景気減速からのリスクを注視しており、政府は住宅価格対策で厳しい措置を維持する必要があると強調した。

 李総裁と企画財政相の双方が政策緩和が近いことを示唆したことから、債券市場では目先、1回か2回の利下げが織り込まれていた。

 米中貿易摩擦が続く中、第1・四半期が予想に反してマイナス成長となり、インフレ率も予想を下回ったことで、韓国中銀は利下げ圧力にさらされていた。 

 *内容を追加しました。